金利の計算をしっかり

さて、長期で高額の金額を返済していると、利息の返済だけでかなりの額になっていることに気づく人は少なくありません。なるべく利息をおさえたいと考えるのは当然のことですが、最初に金利の計算をしっかりしていなかったためにあとから利息の高さに愕然としてしまう人もいます。一番大事なのは借り入れをする段階から低金利の会社を選ぶことですが、返済途中だとしても、今現在よりも低金利のローンに乗り換えることや、頑張って繰り上げ返済をすることによって支払う利息を抑えることができます。

繰り上げ返済というのは、単純に月々の返済額をなるべく多く返済することです。覚えておきたい点として、金利は現在の借り入れ残高に対してかけられるので、残高を減らすたびに発生する利息を抑えることができる計算になります。定められた月々の最低返済額よりも多く返済した分は、すべて元金の返済に充当されるので頑張って繰り上げ返済すればするほど総支払い利息額は減っていくことになります。最初に借りる金額を計画的に考えることも大切ですが、正しく金利を計算して計画的に返済を進めてなるべく支払う利息を少なくすることも大切なことです。これからキャッシング利用を考えている人はこうした点を十分考慮するようにしてください。

  • コメントはまだありません

キャッシングの金利

キャッシングの金利のことは各業者で少しずつ呼び名が違っていて、「キャッシング利用料」とか「キャッシング手数料」などの言葉で置き換えられている場合もあります。いずれにしても通常のカード支払いの場合とキャッシングの金利はそれぞれどのくらいなのか別々にきちんと確認しましょう。カード会社を選ぶ場合に様々なサービスの違いを比較考慮して選ぶと思いますが、意外と金利を比較して選択している人は少ないのではないでしょうか。しかし、なるべく金利の安いところを選ぶことは将来的に見て重要な要素です。

キャッシングの金利は18%で固定されているカード会社も多いですが、会社によっては幅が持たせられているところもあります。どの会社も返済が遅れた場合は、遅延損害金として通常よりも高いパーセンテージの金利を利息として求めるのが普通なので、期限内にしっかりと返済することも無駄な利息を支払わないようにする大切な方法です。基本的に借りる金額が大きければ大きいほど金利は下がるのが普通ですので、10万円未満の少ない額を借りる場合は上限20%近くの金利がかかることが多いと考えておいてください。金利と共に限度額がいくらで、この金額を借りる場合にどれほどの金利設定になるかを理解しておくことが大切です。

参考HP—一週間無金利のキャッシングサービス<ノーローン>

  • コメントはまだありません