金利による差

まずこの金利というものはある程度法で規制されているので、特に消費者金融の利息に関して厳しくなってきた昨今、金利20%を超えるような悪徳な業者は大手消費者金融にはもう見当たりません。キャッシングの際の金利も年利18%までになっていますが、この金利の微妙な差が返済に影響を及ぼしてきます。利息の計算となると多くの人が面倒くさくてあまり考えないようにしてしまうかもしれませんが、最近はネット上に自動で計算してくれるようなものもあるので、ぜひ一度自分の持っているカード会社の利息を正確に計算してみることをおすすめいたします。

例えば10万円のお金を年利18%の業者で30日間借りた場合は利息を1480円支払うことになります。しかしこれが年利15%であれば同じ金額を同じ期間借りた場合でも支払う利息は1233円となります。もし借りる金額がもっと大きく、借りている期間も長くなるとこの金利の差というものは大きな数字となってきますので、決して無視することのできないものとなってきます。現在すでにカードを結構使用している方や、キャッシングをしているという人は自分がどれくらいの利息を払うことになるのか確認してみましょう。意外なほどたくさんの利息を払っていることに驚くかもしれません。

  • コメントはまだありません

キャッシング利用法

クレジットカードを利用する人にとってキャッシングという機能は段々一般的になりつつあります。いわゆる転倒やネットショッピングの際のカード払いだけでなく、ATMなどでキャッシング機能を利用することによって現金を手にすることができるので、ここぞという時に強い味方になってくれています。そのようなキャッシングですが、最近ではATMで現金を借り入れするだけでなく、ネットでキャッシングの手続きをするネットキャッシングというものも便利で利用されています。もちろんパソコンだけでなく、スマホやタブレット端末でも簡単に手続きできて、自分の銀行口座に資金を振り込んでくれるので、最短ならば1分もかからずにキャッシングが完了するというわけです。

コンビニのATMを用いてほぼ24時間いつでもキャッシングが可能なカード会社もありますが、ネットキャッシングならば自宅にいながらキャッシングが可能なので、自分の支払い方法がネットバンキングなどであれば、わざわざATMがあるところに出かけていくよりもはるかに楽に物事を済ませることができます。クレジットカードの返済に関しては自分が借りた金額だけでなく利息を含めて返済していくことは当然のことですが、キャッシングを利用する場合にもこの利息というもの、金利についてしっかりと理解しておくことは大切です。賢い返済と利用計画をするためにも金利による違いなどをあらかじめ勉強しておきましょう。

  • コメントはまだありません